WindowsのMBR復旧(ubuntuデュアルブート失敗)

Windowsとデュアルブートにしようとしてubuntuを導入してたら、Widowsすら起動しなくなってしまいました。
ubuntuのインストールの途中で変な操作をしたのがいけなかったみたいです。

パソコンを起動すると、変なプロンプトが表示されます。

以下のコマンドプロンプト・・・

grub rescure> _

やべー、マスターブートレコードぶっ壊したかと復旧を試みることにしました。
例によってGoogle先生にお世話になったのですが、MBRにまつわるうんちくが書かれているサイトが多かったので、ここでは手っ取り早くWindowsが起動できるように復旧する方法だけを紹介します。

<復旧したOS>
Windows7

<回復ドライブ作成OS>
Windows8.1

<導入失敗>
Ubuntu16.10

※MBRにOSバージョン間の違いは無いはずですので、異なるWindowsでも共通の手順が使えると思います。

<参考にしたサイト>
http://zorinos.seesaa.net/article/389163571.html


1.回復ドライブの作成
Windowsから回復ドライブというのを作成します。
わたしはWindows8.1でUSB回復ドライブを作成しました。Windows7以降なら似たような操作で作成できるはずです。

USBメモリをひとつ用意してパソコンに挿しておいてください。1GBもあれば十分です。内容は初期化されますので注意。

「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「ファイル履歴」を選択します。
左下の「回復」をクリック。
画像


「回復ドライブの作成」。
画像


回復ドライブを作成します。
画像


USBドライブが表示されるはずですので、それを選択。
画像


フォーマットされて回復ドライブの作成が始まります。USBメモリの中身はさようなら。
画像


回復ドライブの作成が完了しました。
画像



2.MBRの修復(Windowsだけ起動できるように戻す)

次に回復ドライブを使ってMBRを修復します。

USBドライブでブートするとキーボード選択の画面が出ますので、「IME」を選択。
画像


オプションの選択は「トラブルシューティング」。
画像


「詳細オプション」を選択。
画像


「コマンドプロンプト」を選択。
画像


コマンドプロンプトが出たら、以下のようにコマンドを入力してください。

①>diskpart
→DISKPARTに入ります。
画像


②DISKPART>list disk
→ドライブの一覧が表示されますので、Windowsの入っているドライブをメモ。わたしは0です。

③DISKPART>select disk [n]
→わたしは、select disk 0

④DISKPART>list partition
→パーティションの一覧が表示されますので、Windowsの入っているパーティションをメモ。わたしは2です。

⑤DISKPART>select partition [m]
→わたしは、select partition 2
画像



⑥DISKPART>active
→選択されたパーティションがactiveになります。

⑦DISKPART>exit
→DISKPARTを終了します。

⑧>bootrec /fixboot
→パーティションの先頭のブートを修復。
画像


⑨>bootrec /fixmbr
→MBRのみを修復。

⑩>exit
→コマンドプロンプトを終了します。



再起動すればWindowsが起動するはずです!
画像


うまく行きましたか?

ブートレコードが壊れるとびっくりしますよね。

"WindowsのMBR復旧(ubuntuデュアルブート失敗)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント