お尻が痛い人のためのロードバイクサドル選び(その2)

全国4万人、悩める尻痛サイクリストの方々、こんにちは。

2年ぶりのパート2記事っす。長らく放置してごめんなさい。

何で4万人かっていうと、パート1記事のヒット数がそのくらいだったから。
多くの方々から閲覧頂き、ありがとうございます。

パート1記事はこれ。まずはこれを読んでね。

お尻が痛い人のためのロードバイクサドル選び(その1)

面倒な人のためにあらすじを書いておくと、おれはランニングばっかやってて、たまにチャリに乗るサイクリスト。
だからかどうなのか分からないけど、すぐケツが痛くなる。100キロ弱でギブ。
なので、いわゆるバリバリロードのサドルじゃなくて、コンフォート系のサドルにしてみようっていうチャレンジ企画。


購入したコンフォート系サドルはこれ。

selle Royal DARDO(ダルド) 3000円くらい
画像


acentia フォルティス 2000円くらい
画像


安いから失敗してもあんまりイタくない。


では、結論から言ってしまおう。

柔らかいサドルだからと言って、長い距離(100キロ以上とか)乗って、絶対に痛くならない訳じゃない。
だけど、たまに乗るサイクリストにとっては痛みを和らげるために、大いに助けになる。


と、思うぞ。

中途半端な言いっぷりで申し訳ない。

まったく乗ってないか、長い時間(半年とか)乗っていない状態で、いきなり100キロ走ったら、どんなサドルを使ってもケツは痛くなると思う。
今回のダルドでもフォルティスでも、やっぱ痛くなった。

だけど、少し乗り込んでちょっとケツを鍛えた状態を作れば、コンフォート系サドルであれば1ヶ月や2ヶ月くらい間が空いても痛みを感じずに済む。
つまりは、長距離乗る間隔が空いてしまう、ちょい乗りローディにはコンフォート系サドルが向いていると思う。

逆に、レーシーなサドルは、毎週乗っているようなツワモノ向けって事ね。

どんだけ自転車に乗り込んでいるか考えてみて、ケツの鍛え具合で選べばいい。


以上がオレが出した結論だ。
(っつーか、改めて力説するまでも無く、当たり前か??)

オレも、毎週自転車ばっか乗るようになれば、カーボンサドルでも大丈夫になるんだろうね、きっと。



では、サドルを装着した時のレポート。


ロード用に購入した、セラロイヤルのダルド。
画像


通勤チャリ用に購入した、アセンシアのフォルティス。
画像



コンフォート系サドルを導入するメリットは、柔らかくてすわり心地がいい事。
ダルドのケツを乗せる部分はとっても柔らかくて安心感がある。フォルティスは更に柔らかい。
画像



アリオネとダルドの形状比較。
まあ、あんまり変わらないと言えるかね。
画像




コンフォート系サドルのデメリットは重量だ。
では、実測重量を比較してみよう。


まずはベストセラーのアリオネ。242g。さすがに軽いじゃん♪
画像


ダルドは394g。アリオネとの差は152gだ。超軽量サドル1個ぶんくらいの差がある。
画像


ついでにフォルティス。428g。更に34g重いから、アリオネとの差は186g。
画像



この重量差をどう考えるか、だね。快適さと重量はトレードオフの関係にあるのだから。
軽量マニアの人にしてみると耐えられないのだろうか?


で、オレのアンカーに装着してみた。
画像

画像


そんなに不恰好じゃないでしょ?

で、2011年10月現在も、このダルドを装着し続けているという訳だ。
満足しているよ。

以下が、オレが50キロ超の距離を走ったここ1年半の記録だ。
間隔が空いてしまうと、柔らかいサドルと言えども、やはり痛みを感じることがある。

でも、このくらいのペースで長距離に乗るサイクリストにとっては、適切なサドルと言えるんじゃないかな。


2011/7/24 バイク78Km(宮ヶ瀬湖、オレンジツリー) ダルド ☆痛くない♪

2011/5/14 バイク104Km(Banana春ツーリング) ダルド ☆痛くない♪

2011/4/10 バイク60Km(ヤビツカップ竹芝版、参戦!) ダルド ☆痛くない♪

2011/4/3 バイク65Km(宮ヶ瀬湖でランチ「オレンジツリー」) ダルド ☆痛くない♪

2011/3/14 バイク80Km(強制的通勤チャリ) フォルティス ★痛

2010/9/18 バイク100Km(善波峠~ヤビツ峠~宮ヶ瀬湖~半原越~飯山温泉) ダルド ☆痛くない♪

2010/8/28 バイク77Km(ランがダメなら・・) ダルド ★ちょい痛

2010/5/2 バイク100Km(バナナ奥武蔵ツーリング) ダルド ☆痛くない♪

2010/4/24 バイク80Km(ショートリーチハンドル) ダルド ☆痛くない♪

"お尻が痛い人のためのロードバイクサドル選び(その2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント