ランニングのためのユニクロブリーフセレクト

ランナーにとってアンダーウェア、特にパンツ(ブリーフ)を何にするかっていうのは、けっこう悩ましい問題じゃないかと思います。
スポーツに適していないブリーフを適当に選んじゃうと、走っているうちにフィット感が無くなってトランクス状態になり、股間の安定感が失われてしまいます(笑)。

わたしはコスト面の理由から、何年も前からユニクロブリーフを愛用しているのですが、一見同じような性能に見えるユニクロブリーフの中でも、当り外れがかなり激しいのです。わたしは無駄なブリーフを買って何度も涙してしまいました。

なので、2010年7月現在、数あるユニクロブリーフの中から、スポーツに適したものを紹介してみます。
あくまでもわたしが試したもののレポートなので、もっといいのがあるかもしれませんが悪しからず。

まあ、ユニクロにこだわらずに、アンダーアーマーとかCW-Xとか買えば安心なのでしょうが、軽く2000円以上はするでしょうからね。


ランニングに適したブリーフとは、タイトフィットであり何キロ走ってもフィット感が持続するもの、だと定義しておきます。

ユニクロブリーフで最高なのが、これです。
シルキードライボクサーブリーフ 990円
画像

UNIQLOのシルキードライシリーズのもの。
これ、フィット感に加えて肌触りもいいです。高いだけの事はあります。(つっても1000円ですが)

廉価版で選ぶなら、これです。
ドライワッフルボクサーブリーフ 2枚で990円
画像

似たような名称のやつがいくつもありますが、こいつだけはタイトフィットが持続します。


失敗したブリーフの例を挙げておきます。こいつらは買っちゃいけません。

ドライリブボクサーブリーフ
画像


ドライストレッチボクサーブリーフ
画像


写真だと似たような感じに見えるから、分かりづらいかな。

あくまでも、ランニング(スポーツ)用に適しているかどうかという事に特化して書いてますのでご了承ください。

"ランニングのためのユニクロブリーフセレクト" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント