洗面台の排水のつまりを直す(ポップアップ式排水金具の分解と組み立て)

お役立ちシリーズです。
同じ悩みを抱えている人のために、わたしDIY体験レポートを記録します。

今回は洗面台の排水溝がつまった時の対応についてです。

ただし、わたしの家の排水溝は以下のタイプなので、同じようなタイプのご家庭にしかお役に立てません。
悪しからず。

これね。
水栓金具の後ろにレバーが付いていて、これを押すと蓋が上がる、ポップアップ式の排水金具。
画像


最近のやつだと、蓋が取り外しやすくなっていて、簡単に掃除ができるみたい。
我が家のは10年以上前のやつなので、取り外しにはちょっとしたテクが必要です。といってもあんまり大した事は無いですけどね。

排水溝のつまりはパイプが原因の場合もあるけれど、それはゴム蓋の場合とかが多いのではないでしょうか。
これだと髪の毛がバンバン流れてっちゃうでしょうから。

我が家のように、排水金具が「ヘアキャッチャー」という、髪の毛を流さない工夫がされているものだと、排水金具のところで詰まるケースがあります。
ちなみに、わたしはこの修理をやるのは3回目だけど、何れもパイプはキレイで、排水金具でつまってます。


つう事で、このケースの詰まりに対応するために、排水金具を取り外し、掃除して、また取り付けてみます。


洗面台の下部を覗いてみましょう。
我が家の場合、以下のような構造になっています。
画像

「レバー側」って書いてあるのが、上のレバーから伸びている棒です。

まずはレバー側の棒と、直角につながっている棒(排水金具側の棒と呼びます)のジョイントを外します。
これで、排水金具側の棒が自由になります。

次に、排水パイプとつながっているジョイントを外します。
これでばらばらになります。

排水金具側の棒と、排水金具は以下の写真のようにつながっています。なので棒を外さないと、排水金具が取れません。(ちなみに排水金具は掃除し終わった状態)
画像


掃除する前の排水金具には、オエッとするくらい髪の毛やら石鹸カスやらがくっついています。
食事中の人もいるでしょうから、極小サムネイルで掲載しておきます。クリックする時は覚悟してください。(笑)
画像


排水金具から、くっついていた髪の毛やその他ゴミを取り除いてください。
この作業にコツはありません。気持ち悪いでしょうが、我慢してやってください。


排水金具がきれいになったら、取り外した時と逆の作業で取り付けます。
画像

・排水金具の取り付け
・排水金具側の棒の取り付け
・レバー側の棒と、排水金具側の棒のジョイント取り付け

以上です。構造さえ分かってしまえば、簡単でしょ。


ちなみに、髪の毛ヘドロを溶かす洗剤もあるみたいですから、これを使ってもいけるかもしれませんね。
わたしはこんなのには頼りませんが。
画像


http://www.pipeunish.jp/

"洗面台の排水のつまりを直す(ポップアップ式排水金具の分解と組み立て)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント