SENSAH中華コンポにSTIレバー交換

ついに自転車コンポも中国製が出てきたんですね。
今回は「SENSAH IGNITE」という中華コンポにSTIレバーを交換した時の体験記です。

わたしは未だに(2019年5月現在)シマノの9Speedコンポを使用しているのですが、STIレバーのブラケットカバーがぐにゃぐにゃになったので、ブラケットカバー交換しようと思ったのですが、もう補修パーツ売ってません。ショップにお願いしてシマノに問い合わせてもらったけど在庫無いそうです。
じゃあSTIレバーごと交換するか、と思ったのですが、今やTIAGRAも10Speedなので、9S買おうとするとかろうじて残っているSORAだけ。

それでもいいかと思ったのですが、そんな時に目に入ったのがこれです。

SENSAH STIレバー2x9s シマノ互換 Made in China
8,500円
画像


https://sensahtech.com/sensah/

まじですか。SORAの半額!

IGNITEというのはコンポのグレードでしょうか。
11SpeedのコンポはEMPIREというようです。

最近はもうレースに出てないし、とりあえず乗り続けられればいい。
ネット情報が少なかったですが、人柱覚悟でこいつにチェンジすることにしました。

以降、この記事は個人的な感想も含みますので、参考にされるのは構いませんが、購入、取り付け、調整など全て自己責任でお願いします。
保証書が入っていませんので、問題があった場合の保証は恐らく無いと思います。わたしが購入したものはうまく動作しましたが、個体差があるかもしれません。
ショップも相手にしてくれないと思うので、自分で何とかするしかありません。

わたしはのんびり走っていますが、高速走行される方は生命に関わる可能性のあるパーツです。慎重に選択してください。


ということで、早速Amazonで注文しました。
Amazonダンボールから取り出すと、のっぺりとしたダンボール。
画像


素敵な梱包です。
製品パッケージも何もなく、エアキャップにくるまれてダイレクトにSTIレバーが入っています。
画像


外観はこんな感じ。割とかっこいいです。
シフトケーブルは取り付け済みですが、ブレーキケーブルは付属していません。(自分で用意したものです)
画像

画像


これが本当に目的の製品かどうかすら分かりません。本当に9Speedなのでしょうか?
カチカチやってみたけどよく分からん。

説明書類は何も入っていません。ネットの情報もほぼ皆無。

ブレーキケーブルはどうやってとりつければいいんでしょうか。
たぶんブレーキレバーを引いた時に現れるこの穴に通せばいいのかな。
画像


通してみたら後方のガイドからケーブルが出てきました。
これで良さそうです。
画像


ちなみにシフトケーブルはここのタイコが見えてる穴から通せば良さそうです。(未確認)
画像


ケーブルが通せたので、自分のロードバイクに取り付けてみます。

わたしのロードはこれ、ANCHOR RCS7 9Speedです。
ディレーラーは10Speed対応のやつです。

STIレバー ULTEGRA ST-6500
フロントディレーラー 105 FD-5600
リアディレーラー 105 RD-5600
クランク ULTEGRA FC-6500
スプロケット 105 CS-5500
画像

シマノの9Speedと互換性ありとの事ですが、本当にうまくシフトするんでしょうか。
取り付けて試してみるまですげえ不安です。
シマノ買っていればこんな心配なかったのになー、と、後悔の気持ちが頭をよぎりますが、取り付け開始。

ハンドルに取り付けるボルトはブラケットカバーの中のここにあります。
画像


ボルトを緩めて取り付けようと思ったら、バンドの径が小さくてハンドルに入りません。
仕方ないのでいったんバンドだけ外して、おっぴろげてハンドルにはめます。
この辺は中華製らしくアバウトな感じがします。
画像


何とかバンドを定位置まで持ってきて本体を取り付けます。
画像


ブレーキケーブルとシフトケーブルのアウターを取り付けます。
アウターキャップはつけた方が良さそうです。
シフトケーブルのガイドは2箇所ありますが、写真のガイドではなく、ブレーキケーブルに近い方のガイドを使用しました。
画像


シフトケーブルをディレーラーに固定し、この時点で心配だったシフトチェンジのテストをやってみます。
画像


おお!イッパツで問題なくシフトしました。
良かった・・・

ビニールテープでケーブルを仮止めして、バーテープを巻いてできあがり。
画像

画像

画像


乗ってみた感じとしては、シフター性能、ブレーキ性能とも、想像以上にいいです。
シマノ9Speedコンポもばっちり動作しています。

レバーは1本だけで、ブレーキとシフト兼用、シフト操作はSRAMのダブルタップと同じです。
リヤは、軽く倒すとシフトアップ(重くなる)、深く倒すとシフトダウン(軽くなる)です。思い切り深く倒すと、数段一気にシフトダウンできます。
フロントはシフトアップとダウンが逆になります。フロントトリプルには対応していないようです。

シマノに慣れた人でもそんなに戸惑わないと思います。
わたしは数分で慣れました。SRAMのパクリとはいえ、このシフト機構はシマノより好きかも。

という事で、しばらくこれで乗ってみたいと思います。
今のところ、お得な買い物をしたかなと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック