Style2Paints v4でオリジナル線画を塗ってみた

AI色塗りツール「Style2Paints v4」で自分の線画を塗ってみました。
すごいです、このツール!!

完成画像がこちらです。わたしより遥かに上手く塗ってくれました。
画像

慣れれば10分くらいで塗れると思います。

ではやってみましょう。

元となる自分で描いた線画です。
メトロイドというゲームの「ゼロスーツサムス」を描いたのですが、SFちっくな色塗りができず、お蔵入りしていたものです。
画像


以下のURLをクリックして、Style2Paints v4を起動してください。
https://s2p.moe/

右下のアップロードアイコンをクリックして線画ファイルを選択すると、いきなり塗られます。
画像


これもそれなりに良い塗りになってる気もしますが、サムスのスーツは青いので、青っぽいテンプレートに変更します。

左側にあるアイコンがテンプレートですので、何となく似合いそうなテンプレートをクリックします。
3行3列の青黒っぽいやつにしました。
画像


テンプレがばっちり合えばここで終了。
サムスの場合は、髪の毛は黄色だし、下半身も青くしたいので、補正していきます。

右側の色サンプルから近しい色をクリックすると、画像下のパレットに選択されます。画像から色を拾う時は、[option]キーを押すとスポイトで吸えます。(WindowsはAltかな?)

パレットから好きな色を選択して画像をクリックすると、画像上に小さな四角ポインタがマークされます。
画像


下半身も同じようにポイントしていきます。
画像


繊細な皆様におかれましてはちまちまポイントしたくなると思いますが、AIに任せて塗るツールですので、わたしはだいたいにしておきます。
今回ポイントしたのは、せいぜい15個くらいです。

おお、何か良い感じに塗れました。
画像


ここで、左側のテンプレートのところにある「careful」というのを「careless」へ切り替えてみます。
画像


これが何かっていうと、carefulの方が人間ぽくって、carelessの方がAIぽいらしいです。比べてみて好きな方で良いと思います。
今回はcarefulの方がいいかな。

ライトで照らすことができるので、画像上部のライトアイコンをクリックします。
画像


もうちょっと青っぽくしたいので、RGBスライドバーのBlue割合を強くします。

おお!めっちゃカッコよくなりました。
画像

これで完成としたいとおもいます。あまり細かいことを気にしてはいけません。

画面右下のダウンロードボタンをクリックすると、サムネイルが表示されます。
画像


OKボタンを押すと10枚くらいのバリエーションが表示されるので、ブラウザで右クリックして好きな画像を自分で保存してください。
画像


いくつかのバリエーションを貼っておきます。
画像

画像

画像

画像

画像


色塗りがウリの絵師の方にとってみるとおもしろくないかもしれませんが、色ぬりが苦手なわたしのような者には、大変有難いソフトウエアです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック