お安く作るMacbookのクラムシェルモード

iPhoneアプリのプログラム開発用に中古で譲ってもらったMacbook Airを保有しているのですが、プログラム開発する際にはデスクトップの方が効率が良いです。
という事で、Macbookのクラムシェルモードというのを使ってみる事にしました。

Clamshellとはハマグリ(貝)の事だそうです。
貝殻を閉じているイメージですかね。

正しい形はこのようにApple製品で統一した美しいクラムシェル。
画像


ですが、この形にするにはとってもお金がかかります。

Apple Thunderbolt Display(27インチフラットパネル) ¥66,800(税別)
画像


Apple Magic Mouse 2 ¥8,800(税別)
画像


Apple Magic Keyboard - 日本語 ¥10,800(税別)
画像


Apple Twelve South BookArc Stand for MacBook - シルバー ¥5,800(税別)
画像



とてもではありませんが、これらを全て購入する訳には行きません。
新しいパソコンが購入できてしまいます。

という事で、あり合わせのものでできるだけ安くクラムシェル環境を構築する事を目標にします。

ディスプレイ TOSHIBA REGZA 19B5 TV視聴用 ¥0
画像


以前使っていたWindows用マウス Baffaro製 ¥0
画像


以前使っていたWindows用キーボード ノーブランド ¥0
画像


まな板用スタンド ¥100(税別)
画像

画像


以前に購入したHDMI変換アダプタ ¥0
画像



これらを接続してあっという間に出来上がりです。
画像


かかった費用は100円。
まな板用スタンドは少し心配でしたが、Macbookにぴったりでした。
画像




少しばかりClamshellを使ってみた感想。

・アルファベットは問題なく打てる。
・英数<->かなのモード変換キーが無い。
・TVだと文字が見づらい。
・controlキーの位置が違うので使いづらい。
・ファンクションキーが普通のファンクションキーの動作となる。
・マウスホイールの動作がそのままだと逆。
・だからと言ってホイール動作の設定を変更するとタッチバッドの動作も変わってしまう。
・そもそもマウスよりタッチパッドの方が使いやすい。
・[HOME][END]キーが使えない。
・[Delete][Back]キーが使える。
・ケーブル類をいちいち接続するのが面倒。

こんな感じです。
キーボード関連のフリーソフトなどを導入し、設定をきっちりやれば不満のいくつかは解消されると思います。

普段Clamshellとして使うなら良いのですが、たまにClamshellにするのであれば、いちいちつなげたり設定するのが面倒です。

それより、Macbookのディスプレイ、キーボード、タッチパッドは使い勝手悪くない事が再認識できました。

ということで、わたしの場合はClamshellを封印し、当面はMacbookのままで使う事にします。

スタンドはまな板に使います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック