自転車用品の海外通販チャレンジ(wiggleの利用方法)

いやはや、まさか自分が海外通販を利用するなど考えてもみなかった。
だけど、国内で買うのとこれだけ値段の差があるとリスク承知でチャレンジしたくなる。

何の話かというと、サイクリストの間で海外通販でパーツなどを調達するのが口コミ等を通じて広がっているのだ。オレの自転車仲間からも既に何ともうらやましい利用報告を聞かせてもらった。

その他、ネットをサーチするとウハウハな記事を公開している先駆者の方々がごろごろ。

まずはともあれ、英国の自転車用品激安通販ショップwiggleのHPを見て、よだれをたらして欲しい。

画像


先駆者の方々の記事は以下の通り。

Wiggle Online Cycle Shopで自転車グッズを注文するには(まとめ)

Wiggleメモ【自転車・トライアスロン海外通販】

wiggleやっちゃいました.

という訳で、オレもリスクを承知でwiggle通販にチャレンジしてみることにした。

現在、発注して届いた商品が手元にある。無事に成功した訳だ。
このブログではオレが実践したやり方を紹介してみる。

ですが、海外通販にリスクは付き物です。
このブログの通りやって、必ず成功する保障はありません。すべて自己責任でお願いします。
また、このブログの通りやって商品が届かないなどのトラブルが発生しても、管理人は一切責任を取りませんのでご承知置きください。
心配な方は、ご自分で通信販売サイトの利用方法を解読して購入を進めてください。


では、オレがやったやり方を紹介してみる。
買ったときのやり方をすべてメモしてた訳ではないので、記憶と、後付のWeb操作を元に記述するので全面的に信用しないでね。

日本の通販とそれ程変わりは無い。思ったより簡単なので、振り返ってみると、こんなサイトを見るまでも無く勘で進めてもほとんど上手く行くのではないだろうか。

(1)支払方法
まずは支払いの話から。
wiggle通販利用でちょっと悩むのは、支払方法の選択だ。
海外でも使えるクレジットカードを持っていれば、wiggleのサイトに直接カード情報を入力しても良い。
だが、オレが選択したのは「paypal」という、メールアドレスをキー情報とした間接的な支払い方法だ。先駆者の方もこれを利用しているようだ。
実は今でも完璧に仕組みを理解しているわけではないが、国内でもかなり浸透しており信頼できる電子決済方法のようだ。前提としては、VISA、MASTER CARD、JCBの何れかのクレジットカードを保有している事。
paypalに事前にクレジットカード情報と、個人情報(氏名、住所、電話番号)を登録しておくと、通販サイト(wiggle)には電子メール情報を入力するだけで決済が可能となる。クレジットカード情報を通販サイトに入力しなくて良いのが最大のメリットとなる。また、wiggle以外の通販サイトを利用する時でも、そのサイトがpaypalに対応していれば同じやり方で決済できる。

という訳で、事前にpaypalでアカウント作成する事にした。paypalへアクセスし、新規登録をクリックする。

そうするとこんな画面が表示されるので、メールアドレス(重要!)をはじめとした個人情報を入力しよう。
画像


次にクレジットカード情報を入力すると、paypalからメールが送られてきて、その指示通りにするとアカウント作成が終了する。
画像


これで事前準備はOKだ。

(2)商品の購入
次に、わくわくのwiggleサイトでのお買い物。
これは日本の通販サイトと同じように、商品を選択してバスケットにぶち込んでいく。

wiggleサイトにアクセスしたら、分かりやすいように日本円表示に変更しておこう。左上の国旗をクリックし、「Show me price in」「Ship my orders to」をJapanへ変更する。
画像


欲しい商品を選択する。オレが欲しかったのはadidasのトライアスロンシューズ。日本円で値段が表示されるので、確認しておこう。
画像

この商品の場合、日本で購入するのと比較して約半額。だが、すべてが安い訳ではない。
ちなみに、ちょっと欲しかったエアロDHバーはサイクルベースあさひの方が安かった。他の通販サイトと価格を比較しながら購入する事をお勧めする。

だが、在庫があるかどうかは分からない。商品画像の下の方にあるボタンに在庫数が記載してある。在庫があればバスケットに放り込む。
画像


購入価格は、100ポンド(1ポンド147円だとすると14700円)以上は送料無料であるため、これを超える金額にする事をお勧めする。物にもよるが、送料は16ポンドとかかかるので、無理やりでも買っちゃった方がいいと思う。オレもかなり迷ったが、2XUのコンプレッションアンダーウェアをついでに購入した。ちょっと欲しかっただけだったんだけどね。
購入する商品をすべてバスケットに放り込んだら以下の画面からcheckoutボタンを押下する。
画像


(3)発注の確定
初めて購入する場合は、「create a new wiggle account」で新しいアカウントを作成する。ここで、メールアドレスをpaypal登録した時と同じものを指定すること。
画像


次に、支払い方法を選択する。今回はpaypalを使うので、真ん中のボタンを押下。
やったこと無いけど、wiggleにクレジットカード情報を登録する時はいちばん上のボタンだと思う。
画像


次に、paypalのログイン画面が出てくるので、paypal登録した時のメアドとパスワードを指定する。ここでpaypal登録内容と結び付けられるわけだ。
画像


この後は、本当に購入した時の画像をコピーしておかなかったので貼り付けられないが、確認画面が何回か表示された後にコミットされたと思う。

(4)商品到着まで
オレの場合、3/20に注文して、3/29に届いたので1週間ちょいかかった。
まず、発注が確定するとすぐに以下のメールがwiggleから送られてくる。

Subject「Your order nnnnnnnnnn(番号) has been placed on Wiggle」

これは、「はいよ、確かに注文受けましたぜ」というメール。(だと思う)

それとpalpalから以下のメールもすぐ届く。

Subject「Receipt for Your Payment to Wiggle Ltd」

これは領収書メールみたい。paypalからはこれ以降メールが来ないので、この時点で決済が終了したという事だろう。しばらくすると、クレジットカードから自動的に引き落とされる事になるので、クレジットカード引き落とし情報をウォッチしておこう。

更にしばらくすると(オレの場合は翌日)、wiggleから以下のメールが届く。

Subject「We have just processed your order nnnnnnnnnn(番号) from wiggle」

これは発送の準備が整ったというメール。(のようだ)
同時に、もうキャンセルできないからねー、という内容が本文に書かれている。(みたい)

知り合いに聞いてみると、日本に商品が到着した時にもメールが届く場合があるみたいだが、オレの場合は上記メールが最後だった。
後は商品の到着をじっと待つのみ。

ドキドキ、ハラハラしながら待っていると・・・

ついに届いたぜ。

画像

画像

画像


心配していたシューズのサイズもばっちりフィット。(ふぅ)

日本で買うと、18,900円+9,450円=28,350円。adidasと2xuなのであまり値引きも期待できないだろう。
これが15,335円だった。この価格差はでかい。

という事で、参考になっただろうか。
冒頭にも書いたけど、やる時は自己責任でやってください。
あと、誤りなどあれば指摘してもらえれば訂正していきたいと思うので、コメントをよろしくお願いします。

この記事へのコメント

にんじゃ
2009年04月11日 21:56
お待ちしてました。
熟読させていただきましたよ!
近々やってみようと思います。
ランド
2009年04月12日 05:59
私もタイヤを購入したことがあります。
運送途中で雑に扱われても壊れない物なら利用しない手はないですね。
それにしてもアジアの製品(シマノのパーツやホイール、ジャイアントのフレーム)なんかは日本の方が安いですよね。
BMCのフレームなんて半額位ですから、
国内での販売価格を基に何となくできあがったブランドの序列って怪しいものがありますね。
ぬし
2009年04月13日 07:10
にんじゃさん、円が下がって来てるので、前程旨みは無くなってきてるみたいですね。外国為替市場をウォッチしながら買い物しましょう。

ランドさん、確かにアジアブランドはダメなの多いみたいですが、それ以外でも高いのありますね。どういうカラクリなんでしょう。既にどうしても欲しいって物が無くなってきてるので、どーでもいいですが。
VA38
2011年12月06日 20:15

アメリカの通販を利用時、無料で現地の住所を使ってオーダーできるサイトご存知ですか。荷物をまとめて取り寄せられるから最大85%送料をカットできます。 詳しくは⇒  www.viaddress.com

この記事へのトラックバック