自転車のホイール組み(手組み)に挑戦してみよう!その1(パーツセレクト)

わたしのロードバイク(自転車)は、基本的にフレームだけ買って自分でパーツをくっつけています。
自転車屋さんにお願いすると色々とコストがかかるため、工賃節約のためにそうしています。ま、クオリティは下がりますが仕方ないでしょ。

だけど、わたしが手を出していない部分があります。それが自転車ホイールの組み立て(手組み)です。

自転車のホイール(車輪)。
そう、スポークという細い針金みたいなもので突っ張っているあれ。
自転車メンテナンスの中でも最大の難関と言えよう。

先日のトライアスロンで、タイヤが1本おしゃかになりました。
今はチューブラーという、タイヤをリムに接着するタイプのものを使用していたので、基本的にパンク=買い替えとなってしまいます。これだと不経済ですよね。

最近のロードバイクホイールはママチャリと同じ構造のクリンチャーの方が主流になっています。こっちだと、パンクしてもタイヤの内側で踏ん張っているチューブを交換すればいい。パッチを貼るなり、チューブ交換すればいい。
メンテナンス性も、経済性もクリンチャー有利。ま、パフォーマンスはちょっと落ちるかもしれませんが。

これを機にチューブラーとはさようなら。クリンチャーホイールにする事にしました。
安直に考えればホイールを買い替えるわけですが、ハブというホイールの軸の部分はまだまだ使えそうです。エコの時代に総取っかえはもったいないですよね。

という訳で、リムというホイールの外周部分だけを取り替えることにしました。
しかし、リムを取り替えるとスポークの寸法も変わるので、スポークも交換。もちろんタイヤも。

ホイールのリム交換(=組み立て)は、最初に書いたように難関です。
ホイールの振れ(リムが左右や上下にぶるぶる揺れてる状態)を無くさなければなりませんし、スポークのテンション(どのくらいキツく引っ張るかという事)も適切にしなければならなりません。本来はプロの作業です。
だけど、こういうのに挑戦したくなるのがわたしの悪い(良い)ところ。もう止まらない。

そんな訳で、ホイール組みに挑戦する事にしました。これを書いてる時点では成功する保障はどこにもありません。
なので、これからこのブログを通じてホイール組みの過程をどこよりも丁寧にレポートしていきたいと思います。ホイールの手組みを夢見る自転車DIY志向の皆さんの役に立てれば幸いです。
オレみたいな素人に組めれば、皆さんも大丈夫でしょ。

以下はかなりマニアックな内容になるので、チャリに興味無い人はさようなら。
読みたい人だけ読んでいただければと思います。

レポートその1はパーツセレクト。
通信販売サイトで物色して選んでみました。

1.リム
今回のホイール組みで最も重要なパーツ。
「ALEXRIMS R400」と「DT-SWISS RR1.1」のどっちにしようかすごく悩みましたが、「DT-SWISS RR1.1」にしました。
価格と軽量さはR400に軍配が上がりますが、カッコ良さとブランド力に負けました。
画像


2.スポーク
スポークは適切な長さのものを買わなければなりません。1mm刻みで売っています。
多少は誤差があってもいいのかもしれないけど、わたしには分からないので、今回はぴったり合ったものを買う事にすします。スポークは国産の他、DT-SWISSというスイスのメーカーのものが有名。リムと合わせてDT-SWISSのにします。
スポークの種類を選ぶ上で、長さ以外に考えなければならない点がふたつ。
  ・スポークの太さ。#15(1.8mm)と#14(2.0mm)があり、#15(1.8mm)の方が細くて軽いが弱い。
  ・スポークの形状。プレーン(均一の太さ)とバデット(段付き)。バデットの方が軽いが弱くて高い。
太さはロードバイクホイールの王道で#15。プレーンとバデットはすごく悩みましたが、バデットのメリットを享受したというネット上での例が見当たらなかったので、今回はプレーン。よって、「DT-SWISS Champion1.8」
画像


スポークの長さは、以下のスポークカリキュレーターというもので計算できます。

http://www.dtswiss.com/SpokesCalc/Welcome.aspx?language=en

慣れると簡単なので、是非使ってみてください。以下に手順を簡単に書いておきます。
(1)「Anynomous usage」の方にチェックして、「Continue」を押下。
(2)「Rim」のとこで、自分で買う予定のリムを選択する。
オレの場合はDT-SWISSのリムなので、メーカー「DT-SWISS」と型番「R1.1Single」を選択すればOK。
ロードリムなら、「Type?」で「ROAD/TREKK.700C」を選べば、Mavicなど有名メーカーの型番が選択できる。
ALEXRIMSのR400は選択できない。こういう場合は、「User defined」を選んで、その下にRDOというリムの内径を入力する。メーカーサイトなどに行ってスペックを見れば書いてある場合がある。ちなみにR400のRDOは598.6mm。
ついでにRimsの重量も入れておく。
(3)「Hub」のとこで、自分で使っているハブを選択する。
シマノのハブなら、「Other」を選択して、その右で「Shimano front 100mm」「Shimano rear 130mm」を選べば良い。重量はシマノのサイトで調べて入れよう。
(4)「Spokes」で、購入予定のスポークを選択する。
オレの場合は、Champion1.8。
「No. of spokes」は、ホイールのスポーク本数を入力。オレの場合は前輪、後輪とも32本。
「No. of intersections」は、スポークの交差数を入力。ホイールの組み方によって異なる。オレが選択する一般的な6本組の場合は交差数が3。ラジアル組みの場合はまったく交差しないので、0といった具合。
(5)「Nipple」で、ニップルの種類を選択する。
わたしの場合は、スポークの太さは1.8mmに対応したブラスニップルで、ニップルの長さは標準的な12mm。なので、「DT Messing 1.8/12mm」を選択(スポークについてくるやつ)。
画像

以上で計算すると、前輪のスポークサイズは293mm、後輪は292mmと290mmと出ました。重量は1,782gのホイールが出来上がるはず。
バデットスポークを選択すればあと100gくらいは軽くなりますが、練習&レース兼用のわたしの使い方からすると、まあこれでいいでしょ。シマノの完組ホイールでいうと、105クラスの重さ。

3.タイヤ
チューブラー時代はヴィットリアのやつを愛用していました。予算の都合上、「Vittoria RUBINO ProⅡ」あたりを選択しようかと思っていました。
だけど、これから1年以上苦楽を共にしていく訳ですし、チューブラーの時は選択できなかったミシュランのやつを試してみたかったので、丁度、新製品として発売された「Michelin Pro 3 Race」を奮発。
画像


4.チューブ
パンクが心配だったが軽いチューブを試してみることにしました。わずか55グラムという「Vittoria EVO55 19/23」
画像


5.その他
工具として絶対に必要なのが振れ取り台です。プロ用のやつを買うとえらく高いですが、庶民の味方、ミノウラから手ごろな値段の振れ取り台「True-Pro combo」が出ています。触れ取り台、センターゲージ、ニップルレンチがセットになったもの。他に選択肢なし。ニップルレンチはパークツールのやつがすごく使い勝手が良いという評判ですが、セットのやつを使ってみてダメだったら買えばいいでしょ。
画像

ミノウラのHPからホイール組みの説明書がダウンロードできます。かなり詳しく書いてあります、太っ腹。これがあれば、解説本などいらないかもしれません。わたしはとりあえずこの説明書だけで組んでみようと思います。
  http://www.minoura.jp/pdf/wheelset05.pdf
→結局、ミノウラのニップルレンチ(後輪組み)とパークツールのニップルレンチ(前輪組み)を両方使ってみました。間違いなくパークの方が使いやすい。だけど、慎重にやればミノウラのでも大丈夫。アバウトな人にはパークのやつがお勧め。
→ミノウラのマニュアルで完成までこぎつけましたが、このマニュアル通りやると効率は悪いと思います。その辺は、ブログ内の緑字で補足するようにしましたので参考にしてください。ちまたではホイール組みの解説本とかDVDとか出ているみたいですが、わたしは使わずに済みました。


あとは、リムテープを購入。

以下が購入パーツリスト。すべて通信販売にて購入。

・リム DT-SWISS RR1.1 グレー 2本 13960円 バイカーズオンライン
・スポーク DT-SWISS champion1.8 シルバー 70本 3150円 バイカーズオンライン
・タイヤ MICHELIN PRO 3 RACE グレー×ブラック 2本 10200円 アスキーサイクル
・チューブ Vittoria EVO55 ブチルチューブ 2本 1160円 アスキーサイクル
・振れ取り台 MINOURA True-Pro combo 6900円 ちゃり王(ヤフオク)
・リムテープ Vittorira リムテープ18 200円 アスキーサイクル

合計で35570円でした。送料込みだと37350円。
ホイールそのものだけだと17110円なので、工具やタイヤの方が高いことになります。成功すれば安いと言えるでしょうか。

という訳で、その2はホイールのばらし。
とりあえず後が無い後輪から行ってみようと思います。

・その1(パーツセレクト)
・その2(リムの取り外し)
・その3(ホイールの仮組み)
・その4(振れ取り、前編)
・その5(振れ取り、後編、そして完成へ)
・その6(前輪組み)

この記事へのコメント

ka
2008年07月06日 18:35
アスキーサイクル安いねぇ、この前タイヤ買いに行った時はPRO 3 RACE が6千数百円だったんで諦めましたさ。俺も振れ取り台買おうかなぁ・・・。
今回の企画は楽しみにしてます。
いきなり後輪か?慣らしを兼ねて簡単そうな前輪からとは考えなかった?(笑
ヒロ
2008年07月10日 21:27
kaさん、前輪にはまだパンクしてない高いタイヤがくっついてるので、まずは後輪かなと。最初の方が丁寧にやるでしょうし。
振れ取り台、kaさんも1台いかがですか。しっかり組むならミノウラはNGとか言われてますが、プロのホイール組む訳じゃあるまいしね。マニュアル見ると自分で出来そうな気がしてきませんか。
scighemin
2010年10月12日 03:12
初めまして。手組みホイールの記事、参考にさせていただき、現在手組み進行中です。画像、手順ともわかりやすくて感謝です。明日から振れ取りに入ります。
ヒロ
2010年10月21日 22:18
> scigheminさん
ご来訪ありがとうございます。コメントに気付くのが遅れ、申し訳ありません。
そろそろ完成されている頃かもしれませんね。振れ取りまで行き着いたという事は、そこまでの記事に誤りは無かったと思って大丈夫でしょうか。分かり辛かったところなど、指摘してもらえると嬉しいです。
ホイールが無事に完成される事を願ってます。

この記事へのトラックバック